FC2ブログ

入試日 1

本命校 私立専願の入試。
前日の夜 雪が降り出した。 ヤーメーテー
当日朝見たら20㎝程。 これなら電車の遅れもないでしょう。

前日になってもムーは何も言ってこない。 もしかして全部私が用意するとでも思ってるのか?
「電車に乗る時間と家を出る時間書いといて。」
ここにきてやっと調べるムー。 私も電車の時間は見ておいた。
「8時のに乗ろうと思う。家は7時半に出る。」
私が思ってたより1.2本遅い時間の。 ギリギリじゃない?
「駅からのバスに直ぐに乗れるとは限らないよ。向こうでゆっくり待つ方が良くない?」
結局私が調べといた時間のに誘導してしまった。
調べてないから自分でやってお願いするべきだと無言の圧力はきいたからいいや。

駅に着いたら1本早いのが丁度来たから乗り込んだ。
同じ学校の女子とお母さんと綺麗な20代の女性の3人に会った。 ムーがしゃべりかけたらしゃべろうと思ったけど向こうは3人だったので話さず。
駅からのバスも同じだったけど混んでたので話さず。

結局予定より2本早い電車に乗ったけど学校近くから混雑してて会場入り口にも凄い人。
多分予定の電車乗ってたらバス待ちも凄かっただろうし混雑してて焦ったはず。 ムーの言った電車なら遅刻だったかも?
下駄箱の所で「じゃあね」と行ってしまった。

高校からUターンする私。 高校前のバス乗り場で朝一緒だったお母さんと一緒になり バスと電車で久しぶりにゆっくり話せた。
中学校 高校の事をよく知ってる人で今更だけどヘェ~って話がいっぱい聞けた。

行きも混んでると思ったけど 帰りは全員一緒の時間に終わるから体育館でバス待ち待機させられるって話聞いて ムーが行く前に教えてあげられたらよかったのにと思う。
まあ、帰りの予定が狂っても精神的負担はさほどないでしょう。
私がムーからの駅に着いたよ電話が遅くて心配なだけで。

にほんブロ


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トマト

Author:トマト
高校生になったムー ゲームや漫画の翻訳をしてます(小1で英検準2級、小4で英検2級)
中学生のハー 厳しい部活ですが周りの友達に恵まれ頑張ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ