FC2ブログ

じっくりやりたかった

ムー 翻訳コンテスト応募しました。
11月末が締め切りでギリギリ提出。
思ってたよりページ数が多く内容も難しめ。 
予定ではサラッと日本語にして 日本語を時間かけて練る予定でしたが 日本語訳にするだけで時間とられて 肝心の日本語直訳気味。
ムーも「あんまりひねったり自分なりの解釈が出来なかった。」と言ってました。
出すならもっと時間かけてムーにしか出来ない翻訳が出来たらよかったのにとは思いますが 1冊黙々と翻訳したのは初めてだと思うし提出出来るまでやり遂げられ自信ついたかも。
本も自分で選ばない内容で手に取る事はなかったはずなんで 読み込めただけでも申し込んでよかったです。

このコンテストに応募した事のある方々のブログ読んでたらレベル高い~ ムーが選ばれる事はないでしょう。
『原文の下に自分の日本語訳貼り付けて子供に読み聞かせしてる』とか 『原文の上に日本語訳直張りして自分だけの本にした』とか書いてるの見て やってみようかな?と思ってます。
自由研究に出せそう。

楽しそうにはやってましたが ムーは漫画翻訳上げててツイッターなどで感想やイイネもらえるので そちらの方がより楽しくやりがいもあります。
自分のやった事で ありがとう、待ってました。って言われるのが本当に嬉しいと。

自分が選んだのではない(真面目な)話をじっくりと翻訳する機会に恵まれ 年1回くらいは出来たらいいとは思います。
次回あれば納得いくまで時間かけて練りたいですね。(ムーが)

にほんブロ


にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トマト

Author:トマト
高校生になったムー ゲームや漫画の翻訳をしてます(小1で英検準2級、小4で英検2級)
中学生のハー 厳しい部活ですが周りの友達に恵まれ頑張ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ