英検

ムー 英検準1受けてきました。日曜本会場。
前回(中1)ライディングが出来れば合格してたので今回は行けると思ってましたが筆記が難しくダメそうです。
英検は合格ラインに波がありそう。 前回はまだ受かりやすい回だったと思うのであの時に受かっとかないといけなかった。
ライディングのお題が書きやすくライディングは当たりでした。
リスニングも1問間違えただけでよかったです。
今回は長文問題までがボロボロでした。 解答速報見ながらまる付けしてたら×ばかりで違う解答見てるのかと思いリスニングの所で〇ばかりになりこの解答合ってるんや状態。

3年前との違いは。
リスニングが余裕だった。 前回もリスニングはよかったけど8.9割の正解率で聞き取ってマークシートに塗るのがギリギリでしたが今回はちょっとメモ書きもあり問題用紙に何処を塗ったか丸がついてて確認とれました。
ライディングはお題によるけど今回のはそれなりに書けてると思います。(スペルミスは多そう)
語彙は本人伸びてると言ってたけど前回より正解率低いです。

次回受けれたら受けたい。 秋は学校が全員にジーテックを受けさすので初めてのジーテックの話も出来ると思います。

任天堂スイッチは英語でも出来ます。最近ポケモンクエストやらを見て日本の名前との違いを言い合いながら楽しんでました。(たぶん無料)

にほんブログ村
スポンサーサイト

ネイティブ プライベートレッスン

ムーの高校では放課後ネイティブ先生のレッスンが受けられます。
それがどんな感じか聞きたいので予約しろって言ってるのに 予約表が職員室前(教室から遠い)し 早い便のバスに乗りたい(遅くなる程混む)もんで予約を取らない。
私立専願にした理由の一つにこのネイティブプライベートレッスンが無料で受けられるってのも入ってるのでいい加減にしろと。
渋々予約したムー。(レッスンは受けたいけどそれ以上に早くすいてるうちに帰りたい)
メルカリで最近のタイム誌を数冊買っといたのに(話のネタに)英検準1の面接カードをしたそうで。
楽しかったと。
ムーは自分で読むのが苦手なんで読んでもらったり質問に答えたり。
いい感じだったので予約取ろうと思ったら今月は埋まってたと。
新しい予約表が出たら先着順なんで一気に埋まるそう。
先生に次の予約表がいつ出るか聞かないと。


にほんブログ村

オンライン英会話

私のまわりでは 私立中高でオンライン英会話(WEBレッスン)が出来る学校が多い。
ムーの高校でも放課後出来ます。
元々ネイティブ先生レッスンが無料で出来るのをうり?にしてたけど 受けたい生徒が多くて受けられなくて 説明会と違うと苦情が来てたそうで ネイティブ先生のレッスンが取れなかったらWEBレッスン出来ますという形になりました。
ムーも対面の方が話しやすいので出来れば学校の先生がいいのですが。
他の生徒にしたらWEBレッスンはちょっとハードル高いみたい。 それでも凄いと言ってる人も多い。
うちは小学生の6年間WEBレッスンにはお世話になって慣れてるし値段の相場も分かってるんですが 普通?の高校生は画期的だね。さすが私立って。
スタディーサプリも学校から入ってて ムーは放課後時間が空いたらスタディーサプリの方です。
公立高校の英語部に入った子に聞いたら WEBレッスンが出来るんですよって。 それ家でも出来るよね?って言ったら そうなんですか?って。
無料なんで学校でやるのもいいな。
でもムーは家でスタディーサプリやらないから学校でやってもらわねば。

スピーキングテスト

ムー 中3 3学期に学校でスピーキングテストがありました。
ALTの先生が一人づつ呼び出して一対一での会話です。
先生が簡単な質問してそれに答えます。 質問は全部答えられたら15問程だそう。

「学校が終わったら何をしてますか」
「家でペットと遊んでます」
「なぜそのペットを飼うことになったのですか」
「親が買ってきました」
「そのペットのどこがカワイイと思いますか」
みたいな感じで質問もこたえによって変わります。

ムー 最後の方でゲームの話題になり
「そのゲームのどこが面白いのですか」
「このゲームの面白さを語ろうと思えば1時間でも2時間でもしゃべり続けれますがいいんですか」
「やめてください。長くても一人10分だと言われてます」
「質問を変えて下さい」
「もう最終の15問過ぎたので満点にしときます。ゲームの話はまた別の時に話しましょう」
と終わりました。
続けて15問答えられたのムーだけだったそうです。

ちなみに~ 中2、中3の英語の成績は全て3です。 平均点以下なんて取った事もありません。
英検2級も受けなおして余裕で受かってますが。


にほんブログ村

時々 教育や英語

せっかくのなでこちらのブログには月1回くらいのペースで英語関連の事を書いてみようと思います。

ムー 秋に応募した 「第24回いたばし国際絵本翻訳対象英語部門」 の講評が来ました。
講評は全員一緒だと思います。 最終選考に残ったのは798通中45作品。 勿論?残れませんでした。
普段読まないような話を翻訳していろいろ考える事がありました。 
翻訳コンテストに応募した事忘れてるのかと思ったら 「優秀作品はいつ読めるの?比べてみたい」と急に言い出したり チャレンジしてよかったです。

講評の「チェックポイントの例」や「気になった点」を比べてみましたがほぼ合ってたので誤訳や間違いはなかったと思います。
やはり直訳気味で自分らしさは出せてなかった。英語が訳せる人は普通に出来るレベルです。 
間違えず訳すならこれからは機械でも出来るわけで・・・ そこから一歩上がるにはどうしたものか。
今回のテーマが『難民』で中学生は苦戦したそうです。
この送られてきた講評(約3ページ)はとても勉強になりました。 
ムー 次回もチャレンジしたいと言ってます。


にほんブログ村

プロフィール

トマト

Author:トマト
高校生になったムー ゲームや漫画の翻訳をしてます(小1で英検準2級、小4で英検2級)
中学生のハー 厳しい部活ですが周りの友達に恵まれ頑張ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ